· 

売却しようと思った時に困る事のないように「売れないマンション」には要注意!

住宅を購入時にはご自身の勤務先、家族構成、お子様の学区域、などで条件にぴったり!と思い住宅を購入される方がほとんどだと思います。

その物件に長く住んで、お子様が大きくなったタイミングなどで、いざ売却と思った時に査定をしてみると思ったより査定額が伸びず、残債の兼ね合いからも買換えを断念してしまう方も多いかと思います。

そういった売れない住宅は資産価値としてはかなり要注意です。

今回は売れないマンションの特徴などをお伝えしたいと思います。

まず、住宅は築年数が経過するごとに物件の価格は下がっていきます。

新築~5年以内に比べて、築6~10年以内では10%前後、さらに築11~15年になると20%以上値下がりします。

よっぽど人気のあるマンション以外は一般的にはこういった価格の変動があることは仕方がない事だと思います。

では、その中でもどういったマンションであれば買い手がつくのか?

色々と買い手がつかない要因はありますが、共用部分で気を付けておいた方が良い点を挙げてみたいと思います。

 

①清掃が行き届いていない

②マンション内の植栽が枯れている

③エレベーターがない

④オートロックや防犯カメラが設置されていない

⑤プールや温泉施設、カフェなど豪華な施設がある

⑥受水槽がある(直結給水方式ではない)

⑦鳥類などの動物被害が発生している

⑧賃貸住戸や空室が20%を超えている

⑨事務所使用や民泊をしている住戸がある

 

ご自身のマンションは上記の何項目に当てはまってますか?

出来れば1つも当てはまっていない方が、買い手が内覧に来た際には好印象なマンションと言えるかと思います。

当てはまっているからといって絶対売れないという訳ではありませんが、仮にご自身が新たに購入しようと思う時にはこういった点をチェックしてしまうのではないでしょうか?

売れないマンション=負動産と言われる事のないよう、ご自身で住まわれているマンションは管理状態を良くし、日ごろから総会などにも参加して、マンションの状態を良く保つようしておくと良いと思います。

もちろん購入時にはそういったマンションを買ってしまわないよう、内覧時には十分にチェックすることが大切です。

内覧時はついつい間取りなどに気を取られがちですので、共用部分はプロである不動産会社の担当者に見ておいてもらえると良いですね。