· 

フラット35のリフォームにも使えるローン

フラット35と言えば、35年固定ローンですが、リフォームにも使える「リフォーム一体型ローン」という商品が利用できるようになりました。

リフォームの工事内容は、費用や借入額との割合にも制限はないようです。

ですので、ご希望のリフォームに35年固定でローンを組む事が出来ます。

もちろん、フラット35Sの利用も出来ますので、技術基準に合わせてリフォームを行うと良いと思います。
ですが、リフォーム一体型の融資を希望される場合は下記の書類が必要となります。

【中古マンションの場合】

①建物謄本

②販売チラシ

③重要事項調査報告書

④各階平面図

⑤管理規約表紙

⑥長期修繕計画書

【中古戸建ての場合】

①土地謄本

②建物謄本

③販売チラシ

④建築確認済証又は台帳記載証明書

⑤各階平面図もしくは立面図など(旧耐震の場合)

書類を揃えていただくのはもちろんですが、その他にも仲介会社とリフォーム会社が関連会社ではない事が条件でしたり、注意事項はございますが、リフォーム部分も一緒にローンを組む事が出来るのは良いと思います。

更に諸費用も一緒にローンで組む事も出来るので、自己資金を極力抑えての住宅購入が可能となります。

全体の9割融資か10割融資かによって金利は変わってきますが、更にフラット35が利用しやすくなるのではないでしょうか?

どこで住宅ローンを組んでも一緒なんて事は絶対ありませんので、住宅購入の際は必ずローンもしっかりと検討してきましょう。

ご興味のある方はご相談ください。